昭和30年代

昭和30年代の家庭 (調布市郷土博物館にて)

  ● 子供たち
  昭和30年代初頭、小川にはめだかやふなが泳ぎ、夏には蛍がいっぱい飛びました。 竹のほうきで蛍を採り、蛍かごに入れました。 手に蛍特有の匂いがいっぱいしました。
  大きな川には、あゆが泳いでいました。 子供たちも、川で泳ぎました。

  メンコやラムネ玉が、遊び道具の中心でした。
  ”かくれんぼ”、”宝とり”、”チャンバラごっこ” などでも遊びました。
  少年の小遣いは、多くても月に10円でした。 遠足のときの小遣いは、最大20円との学校の決まりがありました。

  ● 昭和30年代という時代
世の中子供コイン物価消費者
物価指数
国家公務員の
初任給
昭和30年
(1955)
55年体制東映時代劇映画全盛
プラモデル
1円アルミ貨
50円白銅貨(穴なし)
卵1個14円17.28,700
昭和31年国連加盟
神武景気
鉄人28号パート1時間30~35円17.38,700
昭和32年人工衛星切手収集ブーム
ラジオの赤銅鈴の助
5千円札(聖徳太子)
100円銀貨(鳳凰)
フランク永井「13800円」17.89,200
昭和33年新幹線こだま
東京タワー
フラフープ
神様仏様稲尾様
1万円札(聖徳太子)マッチ1箱3円17.79,200
昭和34年皇太子ご成婚
伊勢湾台風
少年サンデーと
少年マガジン
100円銀貨(稲)
50円白銅貨(穴あり)
銀座のおでん定食150円17.910,200
昭和35年安保闘争
消費ブーム
ダッコちゃん理髪160円18.611,800
昭和36年レジャーブーム
ウェストサイド物語
柏鵬時代
東洋の魔女
日雇労働者の賃金587円19.514,200
昭和37年キューバ危機テレビ普及率50%
おそ松くん
チ37号事件横川の釜めし120円20.915,700
昭和38年ケネディー暗殺巨人大鵬卵焼き千円札(伊藤博文)
1円玉不足
風呂代23円22.417,100
昭和39年東京オリンピックおばけのQ太郎
ひょっこりひょうたん島
オリンピック記念銀貨タクシー代
80円から100円に値上げ
23.319,100
昭和40年
(1965)
ベトナム北爆
ミニスカート
007都バス20円24.821,600
平成12年
(2000)
沖縄サミットプレイステーション2
イチロー渡米
2000円札
新500円硬貨
卵1個19円
パート1時間800~1000円
理髪3612円
横川の釜めし900円
風呂代400円
タクシー代660円
都バス200円
100.0184,200
令和2年
(2020)
新型コロナ鬼滅の刃 卵1個22円
パート1時間1080円
理髪4000円
横川の釜めし1100円
風呂代470円
タクシー代740円
都バス210円
101.4
(換算)
186,700
  昭和30年代、高度成長の時代です。
  経済は発展し、家庭は電化され、生活は豊かになりました。

  テレビ(白黒)、洗濯機、冷蔵庫が「三種の神器」と呼ばれました。

  昭和34年、皇太子様のご結婚を機にテレビが普及しました。 14インチの白黒テレビは6万5千円で、公務員の初任給の6ケ月分もしました。
  (平成16年、14インチのカラーテレビで1万6千円、公務員の初任給の10分の1以下です。)


  この頃、どんな種類の電気器具を持っているかで、その家庭をレベル分けする方法があったそうです。
    ・ レベル7 電灯だけしかない。
    ・ レベル6 さらにラジオ、アイロンを持っている。 以下同様に、
    ・ レベル5 トースター、電熱器
    ・ レベル4 ミキサー、扇風機、電話
    ・ レベル3 電気洗濯機
    ・ レベル2 電気冷蔵庫
    ・ レベル1 テレビ、掃除機
  (「週刊朝日」昭和30年8月22日号)


  ● 100円札と100円硬貨
  100円銀貨が発行されたのは、昭和32年です。 しかし、100円札がなくなることはありませんでした。
  ちょっとした買い物のできる100円には、お札の方が威厳がありました。 一方都会では、ジュースや乗車券の自動販売機が普及し、地方では100円札、都会では100円銀貨という構図ができてしまいました。 地方出の大学生が夏休みが終わって上京したとき、財布にはまだ100円札が残っていました。 その100円札を使うとき、気恥ずかしい思いがしたものです。
  地方でも100円札が見かけなくなるには、10年以上もかかりました。


  ● チ37号事件
  昭和36年12月7日、日本銀行秋田支店で、へんな千円札が発見されました。 透かしがなく、紙質がすべすべして破れやすく、総裁印と局長印が不鮮明でした。 日本中を騒がせた「チ37号事件」の発生です。
  その年から翌年にかけて北日本を中心に100枚近く発見されました。 警察の発表により、犯人も透かしを入れたり、番号を変えたりするなど、より巧妙になりました。
  38年3月6日 静岡市の八百屋さんで、黒っぽいハンチングに眼鏡の男が、千円札で30円の干しシイタケを買いました。 受け取った八百屋さんが、どこかおかしいと感づき近くの交番に届け出ました。 実行犯が初めて人目に触れたのです。 警察は非常線を張りましたが、犯人の逮捕はできませんでした。
  38年11月1日、伊藤博文の千円札発行され、その年の12月5日に発見された343枚目のニセ札を最後に、それ以降は現れることはありませんでした。

  ● オリンピック記念銀貨
  昭和39年10月、東京オリンピックを記念して千円と百円銀貨が発行されました。 千円銀貨は、1世帯に1枚との目安で1500万枚発行されました。 明治以来の大型銀貨の発行とあって、交換日には銀行や郵便局に長蛇の列ができました。 機動隊が出動したところもありました。
  ● 昭和30年代の終わり
  10年間で物価は1.5倍になりましたが、給料は2.5倍になりました。 生活は”豊か”になりました。
  一方、小川はコンクリートで舗装され、めだかやふなや蛍の棲みかはなくなりました。
  大きな川は上流にダムができて水が濁り、あゆや子供たちは泳げなくなりました。

参考文献
 週刊朝日編、「戦後値段史年表」、朝日文庫、1995
 家庭総合研究会編、「昭和家庭史年表」、河出書房新社、1990
 岩崎爾郎、「物価の世相100年」、読売新聞社、1982
 市橋芳則、「キャラメルの値段」、河出書房新社、2002
 佐藤清彦、「贋金王」、青弓社、2000
 内閣府、「消費動向調査」
2004.12.05  2007.6.18改訂  2020.9.25改訂