お札のリサイクル



 お札の寿命は、1万円札は3~4年、5千円札と千円札は利用頻度が高いため1~2年です。

 毎年3000トン(3億枚)ものお札が処分されます。

 古くなったお札は、溶解されるか、または裁断されてリサイクルされます。 裁断された後も、見慣れた模様が感じられます。

 リサイクルの一例がこの貯金箱。 およそ100枚分のお札から作られています。 ただし、日本銀行が製造しているものではありません。

2007.5.3