ヒラリー卿のポリマー紙幣

ニュージーランドの5ドル紙幣 135×66mm

上の紙幣は、現在ニュージーランドで使用されている5ドル紙幣です。 この紙幣には二つの特色があります。

まず、この紙幣の素材は「紙」ではありません。
プラスチックとかポリマー(polymer)と呼ばれるもので、ナイロンやポリエチレンなどの仲間の高分子有機化合物です。 紙幣の向かって右側の楕円と左下のシダのところは透明になっています。
「ポリマー紙幣」は1988年にオーストラリアで実用化され、現在では世界の約20か国で使われています。
紙の紙幣に比べて製造コストは少し割高ですが、耐久性が高いのとリサイクルが容易なので結局割安になります。 また、偽造がしにくく、水に強いのも利点です。 (一方で、熱に弱いことと、束ねて数えるとき少し違和感があります。)
ニュージーランドに導入されたのは1999年からです。

マウントクック山麓の
ヒラリー卿の像
次にこのデザインです。
表に描かれているのは、ニュージーランドでは英雄とされているエドモンド・ヒラリー卿(Sir Edmund Hillary 1919.7.20~2008.1.11)です。 1953年に世界で最初にエヴェレストに登頂した人です。
文化人が紙幣の肖像に使われることは珍しいことではありません(日本の現行紙幣がそうです)。 現存の国家元首の肖像が描かれることも外国ではよくあることです。 しかし、ヒラリー卿が紙幣に登場したのは生存中の1992年のことです。 現存の文化人が貨幣に描かれたのは、おそらくこの人だけでしょう。
晩年は養蜂業を営んでいました。 あるとき、レストランで彼を見かけた人が、この札を彼のところへ持って行ってサインを頼みました。 彼は快くサインしたそうです。

  2012.5.10