「円」という文字

- 「圓」を「円」にしたのは空海? -

 19世紀初頭から、中国(清朝)では、欧米から来た圓(円)形の銀貨を、その形状から「銀圓」と呼んでいました。 清朝が倒れた後、中国(当時は中華民国)ではこの「圓」を新しい貨幣単位としました。 
 中国ではその後、「圓」は画数が多いため、発音yuanの同じ「元」が使われるようになりました。 簡体字が使われるようになったのは1956年からです。 それでも「圓」の簡体字は「圆」で、それほど簡略化されていません。 現在中国では、紙幣には「圆」が使われ、硬貨には「元」が使われているようです。

     ┌→ 元  中国の発音が同じ文字
   圓─┼→ 圆  中国の簡体字
     └→ 円  日本の新字体

  
 旧字体 
  
 略字体① 
  
 略字体② 
  
 新字体 
 一方日本では、明治維新のとき、この「圓」を新しい貨幣単位としました。 中国より先のことですが、すでにそのころから貨幣単位名の兆しがあったものと思われます。
 戦後、「圓」は「円」に簡略化されました。 中国に比べ、「円」はずいぶん簡略化されています。 この字体はいつ頃発生したのでしょうか。 調べてみると意外と古く、何と平安時代に遡ります。

 9世紀初め、空海が唐から帰国するとき、写経生を集めて幾つかの経典類を書写させました。 これらはまとめて『三十帖策(冊)子』と呼ばれています。 写経生たちは丁寧に楷書体で書写したのですが、空海自身は時間を惜しんでか、行書体を多用しました。 このときの「圓」の字は、口の中の員を大胆に「ノ」で簡略化したものでした(⇒略字体①)、および(⇒下図左)。

 そのうち、より書きやすくするためか、最終画の横棒がせり上がってきました(⇒略字体②)。 この使用例は、12世紀末の『元暦校本万葉集』や、19世紀中頃の『北越雪譜』(⇒下図中央)に見られます。
 明治41年に国語調査委員会が編纂した『漢字要覧』(⇒下図右)にもよく似た書体が正体の「圓」に対する別体として掲載されています。 この中で、「物の数量を記する時に限りて、別体を用ゐるも妨なし」と書かれています。 漱石や太宰も手書き原稿ではこの書体を使っていました。

 さらに昭和になって、最終画がだんだんせり上がり、現在の形(⇒新字体)になりました。 そしてこれが現在の「新字体」として採用されています。

     
  
  
空海の『三十帖策子』
  江戸時代の『北越雪譜』
  (はうゑんのかたち)
 明治41年の『漢字要覧』
 上は正体、下は別体
漱石の『坊ちゃん』
直筆原稿

 日本銀行の本館は、明治29年の竣工ですが、現在の新字体の「円」と全く同じ形状をしています。
 現行1万円札の「円」、やや横長で最終画は少し下がり気味、紙幣の額面表記として貫禄があります。

  
日本銀行本館
(Google Mapより)
  1万円札の「円」

さて、本題から少し離れますが、と言う文字があります。 実はこれも「圓」の変化です。 昭和の頃までは、商品の値札に使われることもあったそうです。 この文字が生まれた推移をみてみます。

(1)  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)
(1) 秦・漢代の篆書体。
(2) 旧字体。
(3) 口の中の口をムにしました。戦前の紙幣にも使われていた書体です。
(4) 行書体です。4世紀東晋の王羲之の筆です。 口(くにがまえ)を└と┐にしました。
(5) さらに└と┐を2つの点にしました。 この字形は日本の鎌倉時代以降に盛んに使われました。
(6) 目の下のハを2本の縦画にしました
(7) 上の書体を明朝体風にしたもの。『新潮日本語漢字辞典』で「円」の「別体」として掲載されています。


【参考文献】
  ①笹原宏之、『日本の漢字』、岩波新書、2006
  ②高田竹山監修、『五体字類』、西東書房、大正5
  ③『新潮日本語漢字辞典』、2007
  ④児玉幸多編、『くずし字解読辞典』、東京堂出版、1999
  ⑤『直筆で読む「坊ちゃん」』、集英社新書ヴィジュアル版、、2007
  ⑥国立国会図書館デジタルコレクション

 2020.11.13  (コロナは第3波か)